BIOGRAPHY


tomokosuga
Portrait of Tomo Kosuga painted by Daijiro Hama

トモ・コスガ

アートプロデューサー。写真分野を中心とした編集、執筆、展覧会・企業主催イベントのキュレーション&プロデュース、コンペティション審査員など多岐にわたって活動。写真家、故・深瀬昌久が遺した写真作品の管理普及活動を目的としたアーカイブ団体「深瀬昌久アーカイブス」創設者兼ディレクターを務める。

著書・監修として、深瀬昌久の作家活動40年間を編纂した写真集『MASAHISA FUKASE』(英・仏:Editions Xavier Barral刊、日:赤々舎刊、2018年)がある。本書は写真界の権威とされるアパチャー財団主催のアワード「Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards」において2018年度「PhotoBook of the Year」部門ショートリスト(トップ10)に入賞、また「Kraszna-Krausz Book Awards 2019」写真部門ロングリスト(トップ11)に入選した。

2012年、世界35ヵ国展開するグローバルメディア「VICE MEDIA」日本支部の設立に携わる。以降2014年6月まで、同社のクリエイティブ・ディレクター/コンテンツ・マネージャー/エディター/映像プロデューサーを担った。プロジェクト企画をディレクションしたYouTubeチャンネル「VICE JAPAN」は開始から1年5ヵ月間で16.5万人以上のチャンネル登録者数と総再生回数2200万回を記録した(2019年4月現在、チャンネル登録者数 約47万人、総再生回数 1億4700万回突破)。同チャンネルにおけるドキュメンタリー映像『Alone in the Zone』は、世界の優秀なウェブサイトが表彰される国際的なアワード「Webby Awards」において「ドキュメンタリー:個別エピソード部門」にノミネートされた。

 

著書


「MASAHISA FUKASE」
監修及び本文を担った。英語版・フランス語版をEditions Xavier Barralより、日本語版を赤々舎より刊行。本書は写真界の権威とされるアパチャー財団主催のアワード「Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards」において2018年度「PhotoBook of the Year」部門ショートリスト(トップ10)に入賞、また「Kraszna-Krausz Book Awards 2019」写真部門ロングリスト(トップ11)に入選した。

 

寄稿(写真集・カタログ跋文)


・深瀬昌久『家族 / FAMILY』(2019, MACK)

・高倉大輔『clerestory』(2019, TEZUKAYAMA GALLERY)

・深瀬昌久『鴉 / RAVENS』(2017, MACK

・深瀬昌久『Afterword』(2016, roshinbooks)

・深瀬昌久『Wonderful Days』(2015, roshinbooks)

・マツモトダイスケ『TSUMITOBATSU』(2014, Zen Foto Gallery)

・新田桂一『Everyday is like Sunday.』(2008, gobooks)

 

展覧会キュレーション&プロデュース


深瀬昌久「PRIVATE SCENES」
Foamとの共同キュレーション/ Foam Fotografiemuseum Amsterdam, Amsterdam, the Netherlands, 2018; Fondazione Sozzani, Milan, Italy, 2019

深瀬昌久「総天然色的遊戯」
FUJIFILM SQUARE, Tokyographie, Tokyo, Japan, 2018

深瀬昌久「遊戯 PLAY」
Dr. Simon Bakerとの共同キュレーション/ KYOTOGRAPHIE, Kyoto, Japan, 2018

深瀬昌久「L’INCURABLE ÉGOÏSTE」
Dr. Simon Bakerとの共同キュレーション/ PALAIS DE L’ARCHEVÊCHÉ, Les Rencontres d’Arles, Arles, France, 2017

Roger Ballen & Asger Carlsen『NO JOKE』
Diesel Art Gallery, Tokyo, Japan, 2017

深瀬昌久『救いようのないエゴイスト』
Diesel Art Gallery, Tokyo, Japan, 2015

東洋インキ『駕籠真太郎と東洋インキのペタペタ奇想ワールド』
TOKYO DESIGNERS WEEK, Tokyo, Japan, 2014

TOKYO PHOTO『「日本の写真ってなんですか?」展 Ⅰ部』
東京ビルTOKIA, Tokyo, Japan, 2014

VICE『VICE GLOBAL PHOTO COLLABORATIONS』
 Diesel Art Gallery, Tokyo, Japan, 2013

Terry Richardson『Terry Richardson VS Jackass』
 ラフォーレミュージアム, Tokyo, Japan, 2008

Bob Richardson『Bob Richardson回顧展』
 ZEL GALLERY, Tokyo, Japan, 2008

VICE『VICE PHOTO SHOW 2008 – Nippon Eye』
Los Angeles Scion Gallery, California, United States, 2008

 

メディア連載


ウェブメディア「アパートメント」
コラム連載(2018年12月より連載開始)

・月刊誌「新潮45」(終了)
 巻頭グラビア連載「写真家は写真でかく語る」(2018年1月号より10月号まで担当)

・隔週誌「BRUTUS」(終了)
 ニューアイテム紹介枠「BBB」にて写真集紹介
(2016年9月15日売り 831号より2017年9月1日売り 854号まで担当、マガジンハウス)

・季刊誌「カルチャーブロス」(週刊誌「テレビブロス」別冊)(終了)
 連載企画『言葉なき対話』&コラム連載
(2016年3月 Vol.2より2017年2月 Vol.6まで担当、東京ニュース通信社刊)

・月刊誌「EYESCREAM」(終了)
 書評掲載(2016年5月号より2017年まで担当、スペースシャワーネットワーク刊)

・月刊誌「実話ナックルズ」(終了)
 インタビュー連載『写真我報』(2016年5月号より2016年11月号まで担当、ミリオン出版刊)

・季刊誌「glide」(終了)
 コラム掲載(2016年1月創刊号より7月号まで担当、マリン企画刊)

 

メディア寄稿


米・Aperture/ブルータス/美術手帖/IMA/STUDIO VOICE/amana art photo/日本カメラ/サイゾーのほか多数

 

受賞


The Webby Awards, 2014
Web デザインの素晴らしさ、創造力、有用性と機能性の優秀性を評価する有名な国際的な賞「Webby Awards」において、VICE MEDIA JAPAN制作のドキュメンタリー映像『Alone in the Zone』が「ドキュメンタリー:個別エピソード部門」において入賞。

 

審査


The First Book Award, 2018
Wilson Centre for Photography and Kraszna-Kraus Foundation主催、ノミネーターの1人として

7th EMON AWARD, 2018
EMON PHOTO GALLERY主催、審査員の1人として

The First Book Award, 2017
Wilson Centre for Photography and Kraszna-Kraus Foundation主催、ノミネーターの1人として

BRA-BA! 2014(川崎市市民ミュージアムにて、2014年)
かわさきアートフェスティバル関連イベント「ポートフォリオレビュー」にてレビュアーを務める

第1回東京インターナショナルポートフォリオレビュー
 (TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY 主催, 2014年)
世界的に著名な編集者やキュレーターが、2日間、写真について批評や話をするために世界各地から一堂に会した東京インターナショナルポートフォリオレビューのレビュアーを担う。2日間で24人の写真家のポートフォリオをレビューを行なった

ニュースプリントアワード 2013
(Reminders Photography Stronghold主催, 2013年)
ニューヨークの国際写真センター(International Center of Photography)の 司書兼アーキビスト、マシュー・カーソン氏と共にゲスト審査員として審査を担う

 

トークショー/プレゼンテーション


『MASAHISA FUKASE』刊行記念トーク
深瀬昌久にとっての「私性」「エゴイズム」at Nadiff a/p/a/r/t
写真史家・戸田昌子さんと共に, 2018年

KG+2018 × SIGMA REPORT 特別鼎談 KYOTOGRAPHIEパブリックプログラム
SIGMA presents Special Talk 「“写真で生きていく”ということ」
Kyotographie共同主宰・仲西祐介氏、POST主宰・中島佑介氏と共に, 2018年

・トモ・コスガによるトーク 〜謎多き深瀬を紐解く〜 at 誉田屋源兵衛, 2018年

・深瀬昌久 回顧展「遊戯 PLAY」開催記念トークセッション at 誉田屋源兵衛
Simon Baker氏と共に, 2018年

インベカヲリ★「理想の猫じゃない」at 銀座ニコンサロン
写真家・インベカヲリ★氏と共に, 2018年

フォトブック・シンポジウム vol.3 『RAVENS / 鴉 – 鴉の秘密、アーカイブスの謎』
写真研究家・金子隆一氏と共に, 2017年

中居裕恭写真集「north point」出版記念トークショー at まんだらけ中野店 海馬
写真家・尾仲浩二氏、日本カメラ編集部の村上仁一氏と共に, 2016年

MACK TALK SESSIONS at 京都岡崎 蔦屋書店
深瀬昌久の作品『Hibi』についてプレゼンテーション。ホンマタカシ氏、細倉真弓氏と共に, 2016年

MACK TALK SESSIONS at 梅田 蔦屋書店
深瀬昌久の作品『Hibi』についてプレゼンテーション。ホンマタカシ氏、細倉真弓氏と共に, 2016年

MACK TALK SESSIONS at 代官山 蔦屋書店 vol.1
写真評論家、飯沢耕太郎氏と共に, 2016年

MACK PRESENTATION at IMA CONCEPT STORE
深瀬昌久の作品『Hibi』についてのプレゼンテーション。
マイケル・マック氏、ホンマタカシ氏、細倉真弓氏らと共に, 2016年

〝GWM〟in 浅草 at マッチアンドカンパニー デザイン事務所兼書庫
笠井爾示(写真家)桑島智輝(写真家)七菜乃(女体愛好家・写真家)クロダミサト(写真家)澤里 明(編集者)近田拓郎(編集者)川田洋平(編集者)町口 景(グラフィックデザイナー)町口 覚(グラフィックデザイナー/パブリッシャー)名越啓介(写真家)山谷佑介(写真家)山口源造(パブリッシャー)松本知己(パブリッシャー)と共に

・滝口浩史写真集『窓 -SOU-』と10年。
(代官山蔦屋書店にて滝口浩史氏、flotsambooks小林氏と共に, 2015年)

『言葉なき対話:物語る写真たち』
第3回 トモ・コスガ x インベカヲリ★『現代女性の人格形成』
 (代官山蔦屋書店にて独自企画, 2014年)

『言葉なき対話:物語る写真たち』
第2回 トモ・コスガ x 田附勝『日本と東北、そして縄文』
 (代官山蔦屋書店にて独自企画, 2014年)

『言葉なき対話:物語る写真たち』
第1回 トモ・コスガ x 大橋仁『人類と肉体衝突』
 (代官山蔦屋書店にて独自企画, 2014年)

新田桂一×冨沢ノボル写真集「DOUBLE EXPOSURE」
刊行記念!スペシャルトークショー

 (代官山蔦屋書店にて, 2014年)

『山谷佑介 写真集「Tsugi no yoru e」刊行記念トークイベント』
名越啓介氏、山谷佑介氏、小林孝行氏と共に(代官山蔦屋書店にて, 2014年)

『VICE GLOBAL PHOTO COLLABORATIONS』
田附 勝氏、KYOTARO氏と共に(Diesel Art Galleryにて, 2014年)

『VICE GLOBAL PHOTO COLLABORATIONS』
松藤美里氏、Fumiko Imano氏と共に(Diesel Art Galleryにて, 2014年)

『シブカル祭2013』トークショー
インベカヲリ★氏と共に(パルコ渋谷にて, 2013年)

『言葉なき対話』
写真家・田附 勝氏と共に (Reminders Photography Strongholdにて, 2012年)

 

 

撮影


漫画単行本『範馬刃牙』35巻 著者 板垣恵介氏 近影
写真集『Fashion CatsVice Books, 2011年
写真集『プリンちゃんのファッションショー』ナショナル出版, 2009年