彼、深瀬昌久の残像を追って


8月10日、北海道北部に位置する中川郡美深町にて、深瀬昌久の納骨式を執りおこなった。

2012年の没後、昌久さんの遺骨は諸事情により第三者が保管していたが、今年7月に遺族へと返還された。すぐに納骨式の日程が決まった。私はかねてより昌久さんを故郷の大地に還してあげようと提案してきただけあって、北海道行きの自分のフライトを手配し、昌久さんの甥にあたるTさんと一緒に、遺族式に参加することを決めた。

数日前から関東地方を直撃するのではないかと騒がれていた台風13号。フライト日程を変更することでようやく旭川にたどり着いたが、式をおこなう当日の朝はあいにくの雨模様だった。深く霧がどんよりと立ち籠めていた。

《この続きはnoteで公開してます。こちらをクリック