白雪の青年が試みる、血と大地との言葉なき対話。

まるで白雪をかぶったかのように白く染まった、無垢の表紙。ひとたび開けばページの余白すらほっこりとして愛らしい。控えめだが、ずしりと響く装丁は積雪のよう。写真集『吹雪の日/凪の海』は1984年生まれの若き写真家、山下隆博さんが綴る、と或る2人の芸術家の目を通して見た、故郷・北海道とそこに暮らす家族たち、そして原発にまつわる作品だ。山下さんの言葉にヒントを得ながら、写真家が故郷から導かんとする物語を紐解いてみよう。

Read More

濱田祐史は少女に問われ、目に見えない光芒から天地創造の景色を暴露させる。

写真家、濱田祐史さんにとって初となる作品集『photograph』は、いわゆる「光芒」を題材にしたものだ。たとえば晴れた冬の早朝、高くそびえる山の上では朝霧に包まれ、雲から大地に向かって放射線状の光がもれることがある。そんな神秘的な光景を、もっと身近な風景に見出そうという試み。それが濱田さんの『photograph』である。そして「光芒が伸びた景色」が本書では、全編にわたって続く。

Read More

戦場写真家が日常に見出した生命の狂気

『Day of Storm』——〝嵐の日〟と題された今作。1冊目の舞台となった〝アフリカ=紛争地〟とは打って変わって、亀山さんの暮らす八丈島が舞台だ。展覧会に合わせ、この展示会場でもある金沢のギャラリー「SLANT」から図録が刊行された。

Read More

男は女に景色を見た。それは自分であり、無であり、夢であった。

横田大輔さんの写真集『LINGER』。裏表紙に書かれた「彽徊」(ていかい)の文字は「LINGER」の日本語に当たる言葉だ。モノクロの平面世界において、裸婦と心象風景が交互に織り交ぜられ、「彽徊」よろしく「行きつ戻りつ」する。

Read More

アダムの肋骨から、イヴは生まれなかった—。知られざるもうひとつの創世記

写真家、岡部桃さんの『バイブル』。ハードカバーの大判写真集にしては、中の写真は予想を裏切るほど荒削り、よく言えば大胆だ。なかは裁ち落としの写真が並び、それらはどれもカラーフィルターを挟んだかのように、赤、青、橙、黄、緑、紫と、いわゆる虹色のどれかに染まっている。

Read More