濱田祐史は少女に問われ、目に見えない光芒から天地創造の景色を暴露させる。

写真家、濱田祐史さんにとって初となる作品集『photograph』は、いわゆる「光芒」を題材にしたものだ。たとえば晴れた冬の早朝、高くそびえる山の上では朝霧に包まれ、雲から大地に向かって放射線状の光がもれることがある。そんな神秘的な光景を、もっと身近な風景に見出そうという試み。それが濱田さんの『photograph』である。そして「光芒が伸びた景色」が本書では、全編にわたって続く。

Read More