始まりへの旅

今年4月、母方の従姉妹がなくなった。上京していた彼女は食欲不振から腸捻転を起こし、ひとり部屋でなくなっていたという。二十代半ば、家族を持たずして旅立っていった三姉妹の三女。葬儀に駆けつけられなかったため初盆に帰省するという母と話し、私もついていくことにした。すると父も一緒に行くという。4年ぶりの会津田島はまたしても家族での訪問となった。

Read More

祖父との記憶

物心つく頃から、店の裏口が秘密基地だった。

祖父と父が経営する自営の薬局では、納品された薬の段ボールが山のように出る。そのひとつに身を潜めながら、妄想に耽る幼少期を過ごした。両親は共働きだったが、兄と私を鍵っ子にさせたくない思いから、放課後から店を閉めるまでは店の裏手で遊ばせるようにさせていた。

Read More

祖父との対話

「ともくんさ、つぎ来るとき、しめ縄交換してくれない?」

先日、祖母の下を訪れた際、そう頼まれていた。年内には交換したいということだったので、週末らしい用事のひとつとして、祖母宅に立ち寄ることにした。あらかじめ電話で確認すると、新しいしめ縄はちょうど今朝、買ってきたところだという。

Read More

秋田の限界集落に赴き、「朽ちていく写真たち」を見てきた。

「ハイ、着きましたよ!」——。早朝から電車、バス、飛行機、バス、バスといくつもの移動手段を駆使した挙げ句、いよいよ睡魔に襲われ始めたころ、ようやく目当ての村に着いた。

Read More

白雪の青年が試みる、血と大地との言葉なき対話。

まるで白雪をかぶったかのように白く染まった、無垢の表紙。ひとたび開けばページの余白すらほっこりとして愛らしい。控えめだが、ずしりと響く装丁は積雪のよう。写真集『吹雪の日/凪の海』は1984年生まれの若き写真家、山下隆博さんが綴る、と或る2人の芸術家の目を通して見た、故郷・北海道とそこに暮らす家族たち、そして原発にまつわる作品だ。山下さんの言葉にヒントを得ながら、写真家が故郷から導かんとする物語を紐解いてみよう。

Read More

濱田祐史は少女に問われ、目に見えない光芒から天地創造の景色を暴露させる。

写真家、濱田祐史さんにとって初となる作品集『photograph』は、いわゆる「光芒」を題材にしたものだ。たとえば晴れた冬の早朝、高くそびえる山の上では朝霧に包まれ、雲から大地に向かって放射線状の光がもれることがある。そんな神秘的な光景を、もっと身近な風景に見出そうという試み。それが濱田さんの『photograph』である。そして「光芒が伸びた景色」が本書では、全編にわたって続く。

Read More

戦場写真家が日常に見出した生命の狂気

『Day of Storm』——〝嵐の日〟と題された今作。1冊目の舞台となった〝アフリカ=紛争地〟とは打って変わって、亀山さんの暮らす八丈島が舞台だ。展覧会に合わせ、この展示会場でもある金沢のギャラリー「SLANT」から図録が刊行された。

Read More

男は女に景色を見た。それは自分であり、無であり、夢であった。

横田大輔さんの写真集『LINGER』。裏表紙に書かれた「彽徊」(ていかい)の文字は「LINGER」の日本語に当たる言葉だ。モノクロの平面世界において、裸婦と心象風景が交互に織り交ぜられ、「彽徊」よろしく「行きつ戻りつ」する。

Read More

アダムの肋骨から、イヴは生まれなかった—。知られざるもうひとつの創世記

写真家、岡部桃さんの『バイブル』。ハードカバーの大判写真集にしては、中の写真は予想を裏切るほど荒削り、よく言えば大胆だ。なかは裁ち落としの写真が並び、それらはどれもカラーフィルターを挟んだかのように、赤、青、橙、黄、緑、紫と、いわゆる虹色のどれかに染まっている。

Read More

フランスはパリ西部の森に生息する妖しくも艶やかな貴婦人たち

〝森で女に誘惑される〟。かるく現実離れしたこのシチュエーション、ともすると小説にこそ相応しい響きだ。男性諸君は好奇心をくすぐられる反面、現実にあるものとはつゆほどにも信じないだろう。しかしこれが世界のと或る場所で、実際に起きていることだとしたら……?今回紹介するのは、フランスはパリ西部に広がるブローニュの森に夜な夜な出没する、妖しくも艶やかな貴婦人たちの物語である。

Read More

パレスチナ、イラク、アフガニスタン…紛争地を駆け巡った男が日本の 孤独死 に見たもの。

「命を懸ける」——。言葉で言うのはいとも容易いこと。実際、それを実践した人間がこれまでにどれだけいただろうか。今日ここで紹介するのは、自らが信じるものに命を懸ける人物だ。

Read More

被災地福島の子どもたち、自らの写真と文字で現地復興を伝える。

「キッズ フォトジャーナル」(以下、KPJ)は2011年6月の設立以来、被災した東北の子どもたちが故郷復興の様子や生活の変化を写真と文章で記録し、世界に発信すると共にその記録を次世代、そして未来の日本に繋げるプロジェクト。

Read More

写真界の暗黒超新星が世に放つ、夜闇の世界。

黒い布が無造作に継ぎ接ぎされた、この本。若き写真家 山谷佑介による自主出版写真集『Tsugi no yoru e』(次の夜へ)だ。カバーは知人に頼み込んで1冊ずつ布を縫い付けたという。反骨精神丸出しの写真集は、まるで鋭く尖ったパンクスのヘアースタイルのようでもある。実際、山谷は写真家となる前、パンクロックに傾倒したクチだ。

Read More

未知の惑星…!? 多くの謎に包まれた〝青い炎〟の真相に迫る。

男はそもそも旅が好きだった。カメラはたまたま知人から譲り受けたから持ち合わせていたのであって、そのほかと同列の荷物に過ぎなかった。人の運命とは、こういうことを指すのだろう。

Read More

世界一ピュアな 伝説のパパラッチ小僧

パパラッチ——。正直、あまりいい響きの言葉じゃない。そういうイメージが根づいたのも、90年代にダイアナ妃がパパラッチの執拗な追跡によって帰らぬ人となってしまった事件は大きかっただろう。

Read More

風雲現代刺青伝

作家、高村裕樹(たかむら ひろき)さん。今年56歳になる彼は、2010年に小説『宇宙旅行』で作家デビュー。これまでに4冊の本を出版している。現在は最新作『刺青師牡丹』がタトゥーの総合情報サイト、タトゥーナビに掲載されている。ただしそのこと以上に高村さんを特徴づけるのは、全身に隙間なく彫られたタトゥーの数々だ。

Read More

〈後編〉北京の蟻と鼠は大成を夢見る

「ネズミ族」—。2010年頃から中国国内で囁かれるようになった「地下住人」を指す造語だ。彼らは太陽の光も届かない薄暗い地下で、ネズミ同然の生活を送っているという。

Read More

VICE Photo Issue 2013 | 新田桂一 × 駕籠真太郎

今年11月に限定配布したVICEマガジン『フォトイシュー』日本版から、寄稿作家の新田桂一氏、駕籠真太郎氏がコラボ作品を語る。新田氏が幼少時代から続ける「セルフポートレート」と、駕籠氏が手掛ける「特殊似顔絵」を組み合わせると……!?

Read More

現代の女性たちにかぐや姫の自由奔放さを見るインベカヲリ★

「ポートレートは鏡だ。それはあなた自身である」。ドイツ写真の第一人者、アウグスト・ザンダーがそう語ったかどうかはともかくとして、1822年の或る日、フランスの地でニセフォール・ニエプスがボトルやグラスの並んだ食卓を半日かけて撮った1枚から始まった写真技術が、古くは紀元前1世紀のミイラ肖像画まで遡れる肖像画の長い歴史を緩さぶったのは歴然たる事実だ。

Read More